虫歯(う蝕)の状態と治療法について

虫歯は進行状態により5段階に分かれます。

.jpg©株式会社ジーシー
 

虫歯の状態特徴治療法
C0 … 初期虫歯 まだ歯に穴が開いていません。 フッ素塗布等による予防
C1 … エナメル質に達する虫歯 歯に穴が開いていますが痛みなどは無く、少し黒くなっています。 レジン(プラスチック樹脂)を詰めたりしていく治療
C2 … エナメル質の下の象牙質に達する虫歯 深い穴が開いています。冷たいものや甘いものでしみるといった状態です。 上記に加え、歯を深く削り歯型を取って出来た詰め物や差し歯を入れる治療
C3 … 象牙質を超え、神経(歯髄)に達した虫歯 神経にまで及んでいるので、激しい痛みが出てきます。また熱いものでしみるといった症状もでてきます。 主に歯を深く削り、神経を取っていきます。
C4 … 神経が死んでしまって、 歯の根元まで及んだ虫歯 痛みは軽減しますが、噛んだ時に痛い、違和感が続いたり、臭いが出てきたりします。 上記に加えて、歯を抜いて、ブリッジや入れ歯などになってきます。

 

当院での治療法

C0   フッ素塗布、シーラント(削らずに歯の溝にフッ素入りレジンを詰める)

C1
C.jpg
 

 レジンで詰める。
 セメント(フッ素入り)で詰める

C2
C.jpg 
 歯を削り、レジンで詰める。
 インレー、クラウン等の詰め物や被せ物へ(銀歯、セラミック)
 ※インレーには、金属(銀歯)、金歯、セラミック等があります。
 クラウンには、差し歯(銀歯)、硬質レジン冠、オールセラミッククラウン、ハイブリッドセラミッククラウン(ダイレクトクラウンはこの一種です)。
 ジルコニアクラウンがあります。 
C3
C.jpg 
 神経を取った後、土台(金属、プラスチック、ファイバー樹脂)を立てた後、クラウン(差し歯、セラミック、ハイブリッドセラミック、ダイレクトクラウン、ジルコニア)を入れる。 
C4
C-1.jpg
C-2.jpg 
 歯を抜かない場合は上記と同じ。
 歯を抜いたら、ブリッジ、各種入れ歯へ。
 ※入れ歯には、保険適応の物、バネが見えない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)、クッション付きの入れ歯(コンフォートデンチャー)があります。 
©株式会社ジーシー


ご不明な点は、当院スタッフにお尋ね下さい。